本文へスキップ

内科・外科・糖尿病内科・消化器内科・肛門科・内分泌内科・リハビリテーション科

ご予約・お問い合わせはTEL.0748-62-9559

〒528-0042 甲賀市水口町虫生野中央111

糖尿病専門医、外科専門医

巻き爪矯正ingrown nail

巻き爪について

爪が周囲の皮ふにくい込んで生じる炎症です。長期間続くと出血しやすい肉芽組織が生じます。   この肉芽組織からの汁で周囲の皮膚がただれ、さらに爪も柔らかくなるためさらに変形が起こりくい込むという悪循環が生じます。

形状記憶ワイヤー矯正治療 保険外

巻き爪は、重症になると手術が必要になります。
しかし、早期に発見し軽症の場合なら巻き爪治療用の矯正ワイヤーを使用する事によって簡単に治療が出来ます。

短時間に痛みなく、巻き爪矯正ができます

異常に湾曲してくる「巻き爪」や深爪が原因の「陥入爪」の爪を自然で健康な爪へと導きます。
爪の両端にワイヤーを引っ掛け、ねじり上げるだけなので簡単に短時間で施術ができ、母趾以外の幅の狭い爪にも矯正可能です。ワイヤーを安定させるプレートやコーディング部が小さく、見た目にも美しい矯正具です。 矯正期間は約2ヵ月〜3ヵ月で、日常生活への支障はありません。

この矯正ワイヤーを使用している間、使用した後に痛みはありません。このワイヤーを使う事によって、爪が真っすぐに戻そうとする特性を利用する事によって巻き爪を治療します。

治療法

両側の爪の溝にワイヤーをひっかけて、ねじりあげます。その後、ジェルで全体を覆い、ブルーライトで照射して硬化、コーティングします。

*睡眠時に布団に引っかかったり、靴下にひっかかったりするので、注意しましょう。


経過

 

注意点

  • 爪が伸びて来るとワイヤーの付け替えが必要です。1,2ヶ月を付け替えの目安としましょう。
  • ワイヤーが布団に引っかかったり、靴下にひっかかったりしないよう、ジェルにてコーティングしますが、コーティングがはがれてくると引っかかることがあるので、注意しましょう。
  • ワイヤーの矯正力は強いため、人によってはその力に爪が負けてしまうことがあります。その場合は速やかにワイヤーを外す必要があります。
  • このワイヤー矯正法によって、巻き爪が治るひともいますが、残念な事にまた元のように爪が巻いていってしまい、巻き爪に戻ってしまう人もいます。しかし、このワイヤー矯正法は、巻き爪の痛みに耐える必要はありません。
  • 保険は適応されず、自費診療になります。  

       

    料金

    ● 1か所  \9,000(初診料込)
    ○ 再診料  \3,000
    予約制です。0748-62-9559までお問い合わせください。

爪母爪床切除術  保険適応

爪の陥入している部分の爪母と爪床を切除する手術です。
爪を作っている部分を切除して、二度と爪が生えてこないようにするという方法です。
爪は約半年でもとの長さまで伸びてきます。

【手術方法】時間:30分〜1時間程
@まず指の根元に2か所麻酔注射を打ちます。約15分待つと趾全体がしびれてきます。
Aそして、皮膚に食い込んでいる爪の部分を形成剪刀で切り取ります。
B爪母もまっすぐ切開し、爪を引き抜きます。
この流れで大体30分から1時間程で終わります。


【術後】
当日は包帯で巻いて、圧迫します。翌日は来院して、交換します。
止血ができていれば、翌日から入浴できます。入浴後に、自分で軟膏を塗布してもらいます。
約10日でガーゼが必要なくなります。