症状がないからといって、高血糖状態を放置しておくと、血管や神経が障害され、全身にさまざまな合併症が起こります。合併症には、細い血管に起こる細小血管障害と大きな血管に起こる大血管障害があります。糖尿病は全身の血管や神経をむしばんでいく「全身病」でもあるのです。本文へスキップ

内科・外科・糖尿病内科・消化器内科・肛門科・内分泌内科・リハビリテーション科

ご予約・お問い合わせはTEL.0748-62-9559

〒528-0042 甲賀市水口町虫生野中央111

糖尿病専門医、外科専門医

診療内容Medical Content

内科

プライマリ・ケア

「プライマリ・ケア」とは、急にからだの調子が悪くなった緊急の場合の対応から,健康診断の結果についての相談まで、ふだんから何でも診てくれ相談にも乗ってくれる身近な医師による,総合的な医療のことです。

よく「ほかのところも診てもらいたい」と言うと「○○科へ行きなさい」と言われ,その都度医師が替わって待たされるので,不便だという話をよくききます。
その点,当院には内科・外科の双方の医師がいるだけでなく、はり灸や電気療法などの物理療法も可能で、風邪・腹痛・高血圧・糖尿病それに腰痛や軽いケガまで・・・さまざまな角度から患者様の健康を守ります。

しかしながら、プライマリ・ケアの現場だけですべてが解決する訳ではありません。
生命に関わる状態で緊急の治療をしなくてはならない場合、高度で専門的な治療を要する場合、
非常に珍しく解決が難しい病気、特殊な検査が必要な場合などがそれにあたりますが、そのような場合は当然、該当する高次医療機関と連携しながら問題の解決にあたります。

糖尿病、生活習慣病

方針イメージ

糖尿病」は糖尿病が強く疑われる人や可能性を否定できない 「予備群」が合わせて2,210万人と推計され、国民の4人に1人以上が糖尿病かその予備群であることが、厚生労働省の「2011年国民健康・栄養調査報告」であきらかになっています。しかし「国民病」といえるほど多い病気にもかかわらず、糖尿病が疑われる人の約4割はほとんど治療を受けていません
というのも、糖尿病は初期には自覚症状がほとんどないため、治療せず放置している人が多いのです。

多くの人がかかってしまう病気でさらに初期は無症状である事から、軽視されがちな病気ですが、
発症早期からの厳格な血糖コントロールが,10数年後の細小血管症や動脈硬化症の進展,さらには死亡率まで抑制することが示され,米国でのDCCT/EDIC, 英国でのUKPDSという大規模研究にてメタボリックメモリー,レガシーエフェクトとして報告されています。
このような状況を受けて,早期診断・早期管理の必要性はますます高くなっています。

当院では、糖尿病学会認定専門医による糖尿病専門外来をおこなっています。
「治療をしているが、よくならない」「糖尿の気がある」「健診で指摘された」などのお悩みがあれば、お気軽にご相談ください。
※健診結果、糖尿病手帳などありましたら、お持ちください。

甲状腺

甲状腺は首の前面にあるホルモン分泌器官です。
甲状腺ホルモンは、新陳代謝や成長を司るホルモンで、
多くなったり、少なくなったりすることで代謝失調による症状を
引き起こします。
くびの前のはれ、眼球突出、甲状腺の機能異常による症状
(動悸、手指のふるえ、発汗、体重減少、イライラして落ち着きがない、足のむくみ、体重増加、やる気がない、だるい、便秘)などを
きっかけにみつかることがあります。
気になる症状のある方は、ご相談ください。

外科

当院には、日本外科学会認定の外科専門医の資格をもった医師がおり、
できるだけ少ない痛みで、跡を残りにくく、きれいに治療することを心がけています。
切り傷、擦り傷、やけどの処置から、局所麻酔で皮膚・皮下に出来た腫瘍の切除を行います。

痔(痔核)


詳しくはこちら


禁煙外来 

「禁煙しなければならないことはわかっていても、なかなかやめられない。」「意志が弱いから…」と多くの患者さんは思われますが、現在では喫煙はニコチン依存症という病気と考えられ、禁煙のための飲み薬も発売されました。タバコを吸いながらお薬を飲んでいただくことで、タバコの味がまずくなり、吸いたい気持ちや離脱症状を抑えます。

  • 平成18年6月1日より、禁煙外来受診の際、以下の4項目すべてにあてはまる方は
    保険適用されることになりました。

     1) タバコ依存度テスト 5点以上
     2) 喫煙指数(1日喫煙本数×年数) 200以上
     3) 1か月以内に禁煙開始の意志がある
     4) 禁煙治療を受けることを文書により同意している

    上記を満たさない方は、全額自己負担での診療となります。

     

訪問診療 

訪問診療とは、病気や障害があっても、住み慣れた家で過ごしたいという方が、ご自宅に居ながら医療を受けることが出来る仕組みです。
医師がご自宅を定期的に訪問し、診療、治療、薬の処方、療養上の相談、指導等をさせて頂きます。
ただし、訪問可能な地域は限られています。
ご希望の方はご相談ください。

訪問診療の対象となる方

  • 病院やクリニックへの通院が困難な方
  • 自宅での療養を希望される方
  • 在宅末期療養を希望される方
  • 家で寝たきりのお年寄りの方
  • 退院後の自宅での医療ケアが必要な方